自己紹介

自分の写真

さまざまな得意分野を持ったスタッフがおりますので、お気軽にご相談・ご来院ください。感動創造を経営理念として、来院された患者様が元気になることのできる空間をつくり、患者様一人一人の状態に合わせた治療を心がけております。

2014年11月12日水曜日

予防接種・インフルエンザ②

みなさん、おはようございます。

昨日は急に気温が下がって1日寒かったですね。
夜、私は仕事が終わって家に帰ってから人生初となる料理をしました。
何を作ったかというと…豚汁です!(わざわざ溜めるようなものでもない)
見た目はともかく(笑)、初めてにしてはなかなか美味しく作れました。
野菜もたくさん食べれますし、寒い夜にはたまらないですよね。
ちなみに、最低でも1週間は食べ続けると思います(笑)。

では、本日のエントリーになります。
本日もインフルエンザの予防接種について書こうと思います。
前回のブログにおいて、予防接種の効果について疑問がある、というお話をしましたが、今回もその続きになります。


定期予防接種から外されたワクチン

実はインフルエンザワクチンは、過去に予防効果がないとして定期予防接種から外されたワクチンであることをみなさんはご存知でしょうか?
科学的な検証がないままに1948年から46年間の長きにわたり実施され、毎年3,000万人に接種し続けていましたが、全く有効性がないことが判明。以後全国的なボイコット運動により1994年、遂に中止せざるを得なくなったのです。

その後もなんとインフルエンザワクチンの効果を証明する研究結果はありません。
日本は世界で唯一、公的にインフルエンザワクチンの効果がないことを証明した国であるということです。

1980年から1986年にかけて行われた前橋医師会の調査によると、児童のワクチン接種率が90%以上の群馬県高崎市と接種率がほぼ0%の群馬県前橋市とでは、インフルエンザの罹患率はほとんど変わらなかったという結果がでたそうです。
その他にも研究者のデータがありますが、ワクチンの有効性を証明する研究結果はありませんでした。
それ以降、全国的にインフルエンザワクチンへの反対運動が高まり、遂に1994年の予防接種法の改正により定期予防接種から外されたのです。

アメリカでも良識ある医師がインフルエンザワクチンの効果について何人か告発しています。
元・合衆国薬剤管理科 ワクチン管理部門主任だったドクターJ アンソニー・モリスは、
「これまでに開発されたインフルエンザのワクチンがインフルエンザの攻撃を阻止したり、苦痛を和らげることに効力があるという証拠は何もない。
ワクチン製造業者はワクチンが無駄なことを知っているが、とにかく売り続けているのだ」
「ワクチン接種による免疫化は害があるだけで効果は全くないということを示す証拠はたくさんある」
と語っていますし、ドクター ハドウィンは
「私はかつてジェンナーやパスツール、ワクチンの効果を信じていた。しかし熟考の末見解を変えた」
と語っています。


みなさんも、一度予防接種について考え直してみてはいかがでしょうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿