自己紹介

自分の写真

さまざまな得意分野を持ったスタッフがおりますので、お気軽にご相談・ご来院ください。感動創造を経営理念として、来院された患者様が元気になることのできる空間をつくり、患者様一人一人の状態に合わせた治療を心がけております。

2015年8月18日火曜日

お盆休み

みなさん、こんにちは!ご機嫌よろしゅうございます。
お盆はいかがお過ごしでしたでしょうか?

私は久しぶりに実家に帰り、のんびりと過ごさせていただきました。
おかげさまでだいぶリフレッシュできた様に思います。
12日のお昼頃に着き母親と一緒にお昼ご飯を食べ、午後からこれまた1~2年ぶりに中学時代の一番の大親友と会いました。
実は中学1年生の2学期から埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)から同じ埼玉県川越市に移り住んだのですが、新学期最初の登校日、真っ先に声を掛けてくれたのが彼でした。
彼とはそれからの縁なのです。
彼と会うと将棋を指しながら近況報告をし合い、盛り上がった勢いで飲みに行くというのが近年のお決まりのパターン。
今回も同じ流れでしたが、私が実家でゆっくり過ごすのが久しぶりということで「お母様も祐輔(私のことです)とゆっくりいろいろはなしたいんじゃない?」と気を遣ってくれ、今回は本当に軽く1~2時間飲んで語らっただけで解散となりました。
こういう気を遣えるところがさすが!尊敬できる大親友です。私も見習わなければ...。

しかし、大親友は私と違い何年か前に結婚し子供ももうすぐ2歳。
母親は「いいなぁ~」「うらやましい~」と連発、だいぶ露骨に「孫が欲しいアピール」を敢行してきました(笑)。
そして「遅くなっちゃったけど出産祝い」ということで、子供向けの絵本を何冊かプレゼント。
大親友は恐縮しながらもとても喜んでくれました。
実は母親は「金の星社」という主に子供向け絵本などを出している出版社で働いて、十何年。
毎日忙しく本屋さんを駆け回っておりますが、本当に本が好きなのです。
みなさまも、子供向けの絵本が欲しいなぁ~と思ったら、ぜひ金の星社の絵本をお買い求めください(笑)。
http://www.kinnohoshi.co.jp/


翌13日は母親の希望で一緒に映画に。
http://nihon-ichi.jp/


大東亜戦争を終結させるため、日本を守るため、当時の日本国民の方々がいかに最後まで戦い抜いてくださったか。
特に阿南惟幾陸軍大臣、鈴木貫太郎首相、昭和天皇のそれぞれへの溢れ出る想いや葛藤、悩みながらも終戦へと導く姿には感動いたしました。

ところどころ疑問符が浮かぶところはありましたが、細かいところは置いておいて日本人として知っておかなければいけない、忘れてはいけない歴史だと思います。
そういった意味でも、みなさんにもオススメの映画です。

0 件のコメント:

コメントを投稿