自己紹介

自分の写真

さまざまな得意分野を持ったスタッフがおりますので、お気軽にご相談・ご来院ください。感動創造を経営理念として、来院された患者様が元気になることのできる空間をつくり、患者様一人一人の状態に合わせた治療を心がけております。

2015年2月14日土曜日

建国記念の日

みなさん、こんにちは!
とても寒かったり比較的暖かかったり、毎日めまぐるしく気温が変わりますね。
今日も予報によれば12~13℃くらいと暖かくなるとのことでしたが、お昼過ぎたあたりから風が強くなり…また寒くなってきちゃいました。
お出掛けの際はしっかりとした防寒をオススメいたします。

さて、2月11日は祝日でした。何の日かというと…
「建国記念の日」
年間15日ある日本の祝日の中でも、最も大事であると言っても過言ではない日になります。

ちなみに「建国記念日」ではありません。「建国記念“の”日」と「の」が入ります。
もし間違っている人がいたら、知ったかぶりして教えちゃいましょう(笑)

では、なぜそこまで大事な日なのか?
それは日本の原点だからです。

毎度のことながら大事なので書きますが、祝日とは国民の祝日に関する法律第1条で、
「自由と平和を求めてやまない日本国民が、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、国民こぞって祝い、感謝し、または記念する日である」
と定義されています。
「国民こぞって祝い」というのがポイントで、本来はただの休日などではなく、国民みんなでお祝いをする日になります。
昔は小学校も登校し、校長先生から祝日について話を聞き、紅白まんじゅうをもらって家に帰っていました。

祝日にはそれぞれ趣旨があります。
国民の祝日に関する法律第2条に、建国記念の日の趣旨についてこう書かれてあります。
「建国をしのび、国を愛する心を養う」
建国、つまり国ができた日。日本が誕生した日になります。昔は「紀元節」と呼んでいました。
明治5年(1872年)に、初代・神武天皇が即位した日であるこの日を紀元節として制定されました。
西暦でいうと紀元前660年になります。

ちなみにこの神武天皇が即位した日を元日として数えたのが「皇紀」です。
今はあまり一般的には使われていませんが、戦前では皇紀が元号(平成、昭和など)と共に使われていました。
今年は皇紀2675年です。つまり、日本はできてから2675年もの歴史がある国ということになります。
我が国は世界で最も長い歴史を持った国であるのです(ちなみにギネス記録にも認定されています)。

世界中、どの国においても建国の日というのはとても大事な日となります。
その国の原点であるわけなので当然といえば当然となります。
個人に置き換えてみれば分かりやすいと思いますが、誰しも誕生日や結婚記念日などは大事にすると思います。生まれた日や新たな生活の始まりをお祝いする方も多いのではないでしょうか。
結婚記念日に関しては、旦那さんが忘れていて夫婦ゲンカに…なんてこともあるかもしれませんが(笑)ちなみに私はまだ結婚しておりませんので、忘れたことはありません。

なぜ建国の日を大事にするのか?
それは国民の、自分の国に対しての自信や誇り、愛国心を育むからです。

実は、建国記念の日は一度なくなっていました。
戦後アメリカGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領政策により、「紀元節を認めることにより天皇を中心とする日本人の団結力が高まり、再びアメリカの脅威となるのではないか」という理由で紀元節は廃止されたのです。
昭和23年(1948年)のことでした。
ちなみにこれは明確な国際法違反になります。「民主主義を教えてやる」と言って日本にやってきた割には、民主的とはほど遠い乱暴なやり方ですよね。

テレビ局が行ったアンケート調査では、全国民の80%以上の人が「建国を記念する日」を望んでいるということが分かったのです。
ちなみに1番多かったのが「元日」で99.9%。(残りの0.1%は誰なんでしょうかね?よっぽど働くのが好きで「休みなんかいらない!」という人だったのでしょうか)
2番目は「天皇誕生日」。これも文句なしの結果ですよね。
しかし祝日法が昭和23年(1948年)7月20日に施行された時、建国記念の日だけは外されていました…。

紀元節復活に向けた動きは昭和26年(1951年)頃から始まります。
衆議院議員らによる「建国記念日」設置を定める法案の提出はなんと9回。その全てが廃案となりながらもあきらめずに成立を目指し、ついに昭和41年(1966年)6月25日、「建国記念の日」を定める祝日法改正案は成立したのです。

現在、多くの国民が2月11日という日を大事な祝日と考えることなく、ただの休日として過ごしていることと思います。
しかし、建国記念の日があるのは当たり前ではないのです。
戦後日本を占領し、日本人の精神を骨抜きにするためにその根本となる建国記念の日、紀元節を取り戻してくれた方々がいた…日本を護るために闘ってくれた方々がいた…このことを決して忘れてはいけないのです。

「歴史を忘れた民族は滅びる」これは民俗学者であるアーノルド・トゥインビーの言葉です。
日本の建国の精神を忘れないためにも、日本の原点である2月11日「建国記念の日」を大事にし、日本のことを考えるきっかけにしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿